AFO MODEL
BODY ADAPT MANAGER
S F K - FIGHTER
キックボクシング 総合
谷村 光教 選手

1997年より当時、21歳より空手を始める。 全日本空手道選手権入賞、全日本グローブ空手道選手権優勝など数々の成績を残し、2003年SFK開設の際、 コーチに就任すると同時にプロに転向。空手で培った鋼の精神力と強靭な肉体を武器にキックボクシングだけに留まらず、韓国オリンピックスタジアムにて オープンフィンガーグローブ着用の総合格闘技にも挑戦。以後、ジム内随一のオールラウンドファイターとしてあらゆるルールで試合をこなす。
2005年、MAキックボクシング連盟ヘビー級4位の中井利樹(武勇会)から壮絶なド突き合いの末、勝利をもぎ取る。 2006年、K−1、RISEと激化するヘビー級戦線でS-FACTORYヘビー級戦士、谷村光教から目が離せない。

2005年12月4日
  • 「BRAVE CORE IV(ブレイブコア4)」  明石市立産業交流センター
  • VS佐伯浩治(日進会館)に(判定3-0)で判定勝ち
2005年10月2日
  • K−ダイナミズムバーニングバウトvol1
  • VS城門 直樹(MTSJ)に(判定3-0)で判定勝ち
2005年7月3日
  • MAキックボクシング連盟・四国決戦VOL6
  • VS中井利樹(武勇会)に(判定2-0)で判定勝ち
2004年5月26日
  • Gladiator Fighting Chanpion ship IN韓国 出場
2003年
  • 全日本キック「SCRAMBLE」
  • VS 川崎 康弘 (判定3-0)で判定勝ち
2002年
  • 白蓮会館全日本空手道選手権 重量級 3位
  • 全日本グローブ空手道選手権  重量級 優勝
2000年
  • SWAアルティメットボクシング有明大会 出場
1999年
  • 士道館全日本空手道選手権 無差別級 3位